ミルモプラス事業所会員規約

ミルモプラス事業所会員規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社ウェルモ(以下「当社」といいます)が提供する「ミルモプラス」(モバイルサイト、PCサイト、スマートフォン向け最適化サイト、アプリケーション及びこれらに準じるものとして当社が指定するものを含めて以下「本サイト」といいます)の事業者向けサービスの利用にあたり、本サービス(次条で定義します)の会員に適用される遵守事項を定めます。

第1条(定義等)

  1. 本規約で用いる用語の定義は以下のとおりとします。
    1. 「本サービス」とは、会員情報等を本サイト上に掲載するサービスをいいます。
    2. 「事業所会員」とは、本規約に承諾したうえで当社の指定する方法に従って本サービス利用の事業所会員登録を申し込み、当社が当該申し込みを承認した者をいいます。
    3. 「会員情報」とは、事業所会員が取扱うサービスに関する情報及び事業所会員に付随関連する情報をいいます。
    4. 「ユーザー」とは、法人、個人を問わず、本サイトを閲覧するものをいいます。
    5. 「本契約」とは、本サービスの利用に関して、本規約に基づく当社及び事業所会員間の契約をいいます。
  2. 当社は事業所会員に対し事前に通知のうえ、本規約を改定できるものとします。

第2条(申込み等)

  1. 事業所会員は、予め本規約を承諾のうえ、当社の指定する方法に従って事業所会員登録を申し込むものとし、事業所会員登録中、本規約を遵守するものとします。
  2. 事業所会員は、申込み時に当社に届け出た情報(法人名、住所、電話番号、連絡先等)について変更があった場合は、速やかにその旨を当社所定の方法により届け出るものとします。
  3. 前項の届出を事業所会員が怠ったために発生したトラブルについては、当該事業所会員が自己の責任と費用でこれに対応するものとし、かかる場合に事業所会員に発生した損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第3条(アカウント管理)

  1. 事業所会員は、当社からID、パスワード(以下総称して「アカウント」といいます)が発行された場合には、アカウントの管理責任を負うものとし、第三者に譲渡・貸与・開示してはならないものとします。
  2. 事業所会員は、アカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用などに起因する損害につき、自ら責任を負うものとし、アカウントが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には、速やかに当社に連絡するものとします。

第4条 (個人情報の取り扱いについて)

  1. 事業者の名称、個人情報保護管理責任者等の職名、連絡先については、「個人情報保護方針」をご覧下さい。
  2. 利用目的

    当社は、事業所会員に対して本サービスを提供するにあたり、必要な一定の事業所会員の個人情報を取得しますが、これらの個人情報の利用目的は以下のとおりです。

    1. 本サービスの提供のため
    2. 郵送、電話、電子メール等の方法により、当社又は当社のグループ会社の商品、サービスをご案内するため
    3. 個人を識別できない形式に加工した上、統計データを作成するなど当社サービスの利用促進のため
    4. 本サービスに関し、必要に応じて事業所会員に対し連絡をするため
  3. 第三者提供

    当社は、以下のいずれかに該当する場合を除き、事業所会員の個人情報を第三者へ開示又は提供いたしません。

    1. 事業所会員の同意があるとき
    2. 法令に基づくとき
    3. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要な場合で、事業所会員の同意を得ることが困難なとき
    4. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要があるときに、本サービスを利用する事業所会員の同意を得ることが困難なとき
    5. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要があるときに、事業所会員の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  4. 業務委託

    当社は取得した個人情報の取扱いの全部又は一部を、必要な保護措置を講じた上、上記利用目的に必要な範囲において、委託する場合があります。

  5. 開示、訂正・削除、利用停止等

    事業所会員が、ご自身の個人情報の利用目的の通知、開示、訂正・追加・削除、利用停止又は消去の請求を行う場合は、「個人情報保護方針」に定める問合せ先にてお受けいたします。

第5条(事業所会員情報の取扱い)

  1. 事業所会員は、当社所定の方法・仕様に従って、事業所会員情報を当社に提供するものとします。なお、当社が独自に調査し収集した事業所会員情報については、事業所会員は当該情報の内容を自らの責任において確認するものとします。
  2. 事業所会員は、事業所会員情報の正確性、完全性、最新性、適法性を保証し、第三者の特許権、商標権、著作権、その他の知的財産権、プライバシー権その他のあらゆる権利及び利益を侵害しないことを保証するものとします。

第6条(事業所会員情報の著作権等)

  1. 事業所会員は、事業所会員情報の内容の国内外における複製権、公衆送信権、翻訳権・翻案権等の全ての著作権その他の著作権法上の権利(著作権法第27条および第28条に規定する権利を含み、第三者から当社への再許諾権も含むとする)を無償で当社に対して譲渡したものとします。なお、事業所会員は、事業所会員情報について著作者人格権を行使しないことを保証するものとします。
  2. 当社は、事業所会員情報を表示するに際し、事業所会員の商号、サービスマーク、ロゴ等の標章を本サービス中に表示することができるものとします。

第7条(問い合わせ情報の提供)

  1. 当社は、当社所定の方法により、ユーザーから事業所会員に対する問い合わせ情報(以下「問い合わせ情報」という)を事業所会員に提供するものとします。

第8条(責任)

  1. 事業所会員は、ユーザーその他第三者から事業所会員情報に関する問い合わせを受けた場合、又は、当社から問い合わせ情報の提供を受けた場合には、自らの責任と費用において、速やかにこれに対応するものとします。
  2.  ユーザーその他第三者との間で、事業所会員情報または事業所会員が提供するサービスもしくは事業所会員による問い合わせに対する対応等に関する紛争が生じた場合には、事業所会員がすべての責任と費用において解決するものとし、万一、当社がユーザーその他第三者に損害賠償等の支払いを余儀なくされた場合には、事業所会員はその全額を当社に支払うとともに、その解決のために要した弁護士費用その他一切の諸経費を当社に支払いものとします。

第9条(免責等)

  1. 当社は、事業所会員が本サービスに関して被った損害(その原因の如何を問わない)について、その損害を賠償する責を負わないものとします。
  2. 当社は、問い合わせ情報の内容の正確性、完全性、最新性等について何ら保証しないものとします。

第10条(守秘義務)

  1. 当社及び事業所会員は、相手方の書面による事前の承認なくして、本サービスの実施にあたって知り得た相手方の業務上、技術上、その他一切の秘密情報を公表もしくは第三者へ開示し、又は本規約で定められた業務以外の目的で使用してはならないものとします。
  2. 本規約において「秘密情報」とは、当社及び事業所会員がそれぞれ営業秘密として管理している情報で、相手方への開示にあたり秘密情報である旨を明示したものをいうものとします。なお、口頭で開示された情報については、開示者が開示後速やかに書面にて秘密情報である旨を相手方に通知した場合に限り秘密情報として扱うものとします。ただし、次に掲げる情報は、秘密情報に含まないものとします。
    1. 当社又は事業所会員が知り得た時点で、既に公になっていた情報
    2. 当社又は事業所会員が知り得た後、相手方の責によらない事由により公になった情報
    3. 法律の定めにより開示が必要とされる情報
    4. 秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報
    5. 提供者から提供を受けた情報によらず、独自に開発した情報
    6. 本規約に違反することなく、かつ、受領の前後を問わず公知となった情報
  3. 第1項にかかわらず、秘密情報の受領者は、本規約で定められた業務遂行のため、自己の役職員、業務委託先または法令上守秘義務を負う者に対して、必要な限度で秘密情報を開示することができる。ただし、情報受領者は、これらの者に対して、本条で定める義務と同様の義務を負わせなければならない。
  4. 本条の規定は、本規約に基づく事業所会員と当社との契約が終了した後も2年間有効とします。

第11条(禁止事項)

事業所会員は次の行為を行ってはならないものとし、これに違反した場合は事業所会員に対する事前の催告及び通知が無く、本サービスの利用の停止その他の禁止行為是正のための必要な措置がなされる場合があることを予め承諾するものとします。

  1. 本規約の定めに違反する行為
  2. 法令、条例及び行政府が定める行政通達、ガイドライン及び行政指導並びに自らが所属する業界団体が定めるガイドラインに違反する行為
  3. 犯罪に結びつく行為
  4. 公序良俗に反する行為
  5. 反社会的勢力に属し、または反社会的勢力と密接に関係を有する行為
  6. 消費者の判断に錯誤を与える恐れのある行為
  7. 当社その他の第三者に対し、財産権(知的財産権を含む)の侵害、プライバシーの侵害、誹謗中傷その他不利益を与える行為
  8. 申込書に虚偽の情報を記載する行為
  9. 当社の本サービス業務の運営・維持を妨げる行為
  10. おとり広告その他虚偽の情報を提供する行為
  11. 本サイトに関し利用しうる情報を改竄する行為
  12. 有害なコンピュータプログラム等を送信する行為
  13. 上記に該当する恐れがある行為

第12条(本サービスの停止)

  1. 事業所会員は、本サービスが、当社の裁量により一定期間停止される場合があることを予め承諾し、本サービス停止による損害の補償等を当社に請求しないこととします。
  2. 当社は、本サービスを停止するときは、予めその旨を事業所会員に通知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではないものとし事後遅滞なく通知します。

第13条(解除)

当社は、事業所会員が次のいずれかの事由に該当した場合には、何らの催告なしに本規約に基づく契約を解約することができるものとします。

  1. 本規約の条項に違反したとき
  2. 手形又は小切手の不渡りが発生した時
  3. 差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行又は滞納処分または滞納処分の申し立てを受けたとき
  4. 破産、民事再生、会社更生または特別清算の申し立てがされた時
  5. 前3号の他、事業所会員の信用状態に重大な変化が生じたとき
  6. 解散又は営業停止となったとき
  7. 営業方法等について行政当局による注意又は勧告、もしくは行政処分を受けたとき
  8. 事業所会員が当社のコンピュータに保存されているデータを当社に無断で閲覧、変更もしくは破壊したとき、又はその恐れがあると当社が判断したとき
  9. 営業方法等が公序良俗に反し又は本サイトにふさわしくないと当社が判断したとき
  10. 自己もしくはその役員・従業員、自己の親会社、大株主ないし実質的に会社を支配する者もしくは自己の子会社(以下、総称して「グループ会社」といいます)またはグループ会社の役員・従業員が、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等またはこれらに準じる者)に該当することが判明したとき
  11. 自らまたは第三者を利用して、次の①ないし⑤のいずれかに該当する行為を行ったとき

     ① 暴力的な要求行為
     ② 法的な責任を超えた不当な要求行為
     ③ 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
     ④ 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為 
     ⑤ その他①ないし④のいずれかに準ずる行為

  12. 当社は前項各号にかかわらず、本契約の継続が困難と認めたときは、事業所会員に対し、書面またはメールによる催告の上、本契約を解約することができます。

第14条(雑則)

  1. 事業所会員は、法令に則り適法かつ有効に成立したものであり、本サービスの申込みの手続き並びに本規約及びこれに付随する契約の履行をするために必要な内部手続を経ていることを表明し、保証します。
  2. 当社及び事業所会員は、本規約上の地位及び本規約に基づき発生する一切の権利義務の全部または一部を第三者に譲渡し、移転し、または担保の用に供することができないものとします。
  3. 本規約及びこれに付随する契約は日本法に準拠し、日本法に基づいて解釈されるものとします。
  4. 本規約は、事業所会員が本サービスを利用する限り適用されるものとし、本サービスの終了または利用終了後も、第5条、第6条、第7条、第8条、第9条、第10条4項、第12条及び本条の効力は存続するものとします。
  5. 事業所会員と当社の間で訴訟の必要が生じた場合は、福岡簡易裁判所または福岡地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。